子供のニキビを治してあげたい!親に手伝えることは?

子供のニキビケアのために(小学生・中学生・高校生)

*

子供ニキビが大量発生!中学生の場合はどう対処する?

   

中学生になった子供の顔にニキビが増えてきて困っている親御さんは多いと思います。

子供ニキビは小学生高学年から中学生の間に増え始めることが多いからです。

 

成長期が始まって、思春期のホルモンバランスの変化の影響で毛穴の皮脂分泌が盛んになってニキビを増やしてしまうんですね。

分泌された皮脂を取り除くスキンケアを始めて続けていくことが対策のポイントとなります。

 

ここで一つ注意点があります。

中学生のように化粧品を使ったスキンケアに慣れているワケでもなく、乾燥肌でもないという場合には過剰なスキンケアは禁物です。

大人の乾燥肌の女性が行っているようなライン使いのスキンケアは必要ありません。乳液やクリームまで使ってしまえばかえってべたついてニキビが悪化してしまうことが目に見えています。

 

オールインワンタイプの化粧品を使って最小限のケアで毛穴汚れをしっかりと落としていくくらいが丁度良いと思いますよ。

その方が効果が強力な分、肌への刺激が気になる治療薬を使う際にも上手く対策が噛み合ってきます。

オールインワンタイプの化粧品なら一回のスキンケアをしっかりと行うだけで変化が期待出来るので、スキンケアのやり方が間違っているせいで、、、というもったいない失敗を避けることも出来ます。

 

↑中学生のように早い段階でニキビができた子供は、悩んだ分あれこれとたくさんケアをやりすぎて逆に症状を悪化させてしまう傾向があるように感じています。

化粧水に乳液にクリームを塗りたくって、顔パックを使って脂取り紙を使って汗ふきシートを使ってというのは中学生の子供の肌にはやりすぎです。

 

治らないだけではなくて肌を敏感にしてしまうので、中学生の時期にスキンケアをやりすぎるとニキビ肌を定着させてしまうことにもなりかねません。

 

的確なスキンケアで早く対処することが出来れば、ニキビのせいで青春が台無し!というシナリオを避けることが出来ますよね。

そのための最小限のスキンケアを準備して対策を行っていきましょう。

>>>オールインワンタイプの思春期ニキビケアがコレ!

 - 子供ニキビの治し方 , ,