子供のニキビを治してあげたい!親に手伝えることは?

子供のニキビケアのために(小学生・中学生・高校生)

*

子供のニキビは冬になれば治る?

      2017/01/27

子供ニキビ 冬 治る

子供のニキビは冬になれば治るのか心配に思っている方も多いのではないでしょうか?

「冬になれば治るから気にしなくて大丈夫だよ」

なんて言葉を夏場にニキビに悩む子供にかけた方もいるかもしれません。

 

基本的に思春期のニキビは成長期のホルモンバランスの影響によって皮脂過剰になっている事で引き起こされます。

ニキビの原因菌であるアクネ菌が毛穴の中で皮脂を餌として繁殖する事で炎症が起きるんですね。

 

単純に考えると、

「冬場になって汗をかく量が減る=ニキビの症状も少しは落ち着いてくる」

という事になるし、実際にその傾向が見られると言えばそうなります。

 

しかし、冬になれば子供のニキビが完治するか?と言われれば決してそうとは言えないし、中には冬になるにつれてニキビの症状が悪化してしまう子供もいます。

 

「ニキビが治ってきたから今のスキンケアと治療薬を続けていけば良いのかな?」

と考えて自宅でのセルフケアを続けてみたものの、ニキビが定着したまま時間だけが過ぎていってしまう事もあります。

 

どうして皮脂が原因なのに冬になってニキビが治らないのか?

と言えば、それは今度は肌の乾燥が原因となっている可能性が大です。

 

先述したように子供のニキビは基本的には大人とは比べ物にならないほどの皮脂過剰に引き起こされる事が大半ですが、冬になれば肌が乾燥傾向になるのは子供でも変わらないし、元々肌の乾燥が酷い子供であれば冬になるにつれて乾燥がニキビの原因となってしまう事もあります

 

肌が乾燥すると毛穴のターンオーバー機能が周期通りに機能しなくなり、角質層に汚れが堆積して毛穴詰まりが引き起こされやすくなります。そこに、ちょっとした皮脂分泌によって脂分が溜まれば、あっという間にアクネ菌が繁殖して炎症性のニキビを増やしてしまいます。

 

毛穴にたまった皮脂汚れを取り除く事が対処方法としては大切になりますが、冬場の治らない子供のニキビに関しては不要な皮脂汚れだけを取り除く優しさが求められます。

子供に洗顔で乾燥感を感じていないか確認して、もし乾燥感を感じていると子供が言った場合には、乾燥肌の大人が使っていくようなニキビケアを冬場は導入すると良いかもしれませんね。

 

あるいは保湿ケアを少しだけ強化して、化粧水や乳液を取り入れて様子を見るのも効果的です。ただし悪化した場合にはすぐに使用をやめて洗顔だけに戻してくださいね。

乳液のべたつきが肌ストレスとなって子供のニキビを悪化させてしまう原因にもなることもあるからです。

 

ニキビが簡単に治るならこれだけニキビに悩む子供はいませんよね。ニキビは治すことがとても大変な肌の病気です。今後は間違ってもニキビは冬になれば治るなんて言わずに、しっかりと子供のニキビを改善させていくためのケア選びに協力してあげてくださいね。

 - 子供ニキビの治し方 , ,