子供のニキビを治してあげたい!親に手伝えることは?

子供のニキビケアのために(小学生・中学生・高校生)

*

子供のニキビができる原因を知ろう

      2017/01/27

子供 ニキビ 原因

最初に子供のニキビができる原因を知ることで今後の対策への知識武装を行いましょう。

まずは基本的な原因を簡単に並べて紹介していくので、もし心当たりがあるような原因があれば対策へとつなげていってください。

 

詳しい治し方はこちらにまとめてあります↓

「子供のニキビを治すために親にできること」

 

子供のニキビの原因

思春期の子供にニキビができる最も大きな原因は、「思春期特有のホルモンバランスの変化による皮脂の過剰分泌」です。

 

成長期特有のホルモンバランスの変化によって顔が脂っぽくなって、それが毛穴を塞いでしまうことでニキビの原因を作るんですね。(白ニキビ)

皮脂で毛穴が塞がると毛穴の中で皮脂をエサとして繁殖する「アクネ菌」が増殖し、炎症を引き起こしてしまうんです。(赤ニキビ)

 

 

毎日の洗顔料を使った洗顔で毛穴汚れを落とせていなければ、まず子供ニキビの大量発生を招いてしまいます。

 

また毛穴詰まりを引き起こす他の要因として、洗髪時の洗い残しなどがあります。

ニキビができると子供本人もネットで情報を仕入れて十分に注意をすると思いますが、念のため注意してあげると良いかもしれません。

 

そして中学生・高校生の難しい時期になると人間関係のストレスがニキビを作ってしまうこともあります。

ストレスで興奮状態に入ると皮脂分泌を促進されるため毛穴詰まりの可能性が上がってしまうんですね。

睡眠不足もストレスを溜め込む要因になるし、ストレスが溜まるとよく眠れないという悪循環にも入ってしまうので、スマホを就寝前に触る現代人は大人子供を問わず気をつけるようにしたいですね。

 

あとは枕カバーなどの寝具の衛生環境もニキビを引き起こすことがあります。

ニキビダニが代表的ですが、常在菌とはいえニキビダニが増えすぎると肌荒れの原因となります。

 

あるいはマラセチア菌という「カビ」を原因としてニキビが引き起こされると、アクネ菌用のニキビケアでは全くと言っていいほど治らなくなるので気を付けなければなりません。

何をしてもニキビが治らない時は一度マラセチア菌を疑うと良いかもしれません。

 

最後に気をつけたいのは思春期の子供だからといって必ずしも脂性肌と決めつけてかからないことです。

私たち大人と同じように乾燥がニキビの原因となることもあります。空調での生活が当たり前の子供たちはお肌が乾燥しやすくなっているかもしれません。

乾燥肌の子供にオイリー肌向けのニキビケアを使うと悪化の原因となってしまうので特に注意が必要です。使っている化粧品が思春期の学生向けなのにニキビの症状が全然落ち着かない場合には、大人の乾燥肌向けの化粧品へと切り替える事で子供のニキビを治すきっかけを掴める事もあります。

 - 子供のニキビの原因 , ,