子供のニキビを治してあげたい!親に手伝えることは?

子供のニキビケアのために(小学生・中学生・高校生)

*

子供がニキビを潰す!?絶対に潰してはダメ!

   

子供がニキビを潰す癖を持っていたらすぐにやめるようにアドバイスをしてあげてください。

ニキビを潰すとニキビ跡になってしまい、最悪の場合一生もののニキビ跡が残ってしまう場合だってあります。

(2-3ヶ月から6ヶ月もあれば治る場合もあるので、ニキビ跡が残ってしまっても必ずしも悲観的になる必要はありません。)

 

もし時すでに遅しで子供の顔にニキビ跡が残ってしまっている場合には、こちらの記事を参考にじっくりと対策を行っていってください。

子供の顔にニキビ跡が残ってしまったら

 

 

子供がニキビを潰してしまうのは、そうした方が早く治るとどこかで聞いたり、自分の中で勘違いしているからです。

確かに白ニキビとか黄ニキビであれば潰すことで運が良ければ早く治ることがあります。(それでも基本は潰すのはダメです。)

でも、炎症を起こした赤ニキビを潰してしまえばダメージが真皮に残り、赤みニキビ跡が残るだけではなく場合によっては陥没クレーターが残ってしまう危険性もあります。

 

クレーターが高校生の段階で残ってしまえば、華の大学生や20代前半をニキビ跡が残った顔で過ごすことになりかねません。

(記念写真を撮ってもクレーターが目立つなんて絶対に子供本人だって嫌ですよね。)

 

今ニキビがあることが嫌でも、潰すと一生ニキビ跡に悩むことになるかもしれません。その事を子供にしっかりと伝えて、潰さずにスキンケアと治療薬で対処するように導いてあげてくださいね。

 - 子供のニキビを治すためにこんな生活習慣は注意しよう , ,