子供のニキビを治してあげたい!親に手伝えることは?

子供のニキビケアのために(小学生・中学生・高校生)

*

子供がニキビでいじめを受けていないか心配

   

子供がニキビのせいでいじめを受けているのではないか?

そんな不安が頭をよぎる親御さんも多いと思います。確かにネットで情報を調べていても、ニキビのせいで変なあだ名をつけられたり、いじめや仲間はずれの対象となってしまうケースはあるようです。

子供にとってはニキビのせいで本当の自分を表現出来ない事だけでも辛いのに、いじめにまであってしまうと今後の性格形成、人生にも悪影響を及ぼしかねません。

 

「そんな事でいじめる人なんか気にする必要はない」

「大人になれば治るから大丈夫」

 

子供にとってはこんな慰めの言葉すら辛い状況だと思います。唯一の根本的な対策方法は子供のニキビを一日でも早く治すことだけです。

皮膚科の治療薬・化粧品を使ったスキンケア・食事の改善が子供ニキビを治す上での3本柱となってきます。

 

ここで注意しなければいけないのは、スキンケアと治療薬で治らないからといって、食事の改善・生活習慣の改善、パックの使用とどんどん対策の幅を広げていってしまうことです。

子供のニキビを治すための「ノルマ」が増えてしまうと子供にとってもサポートする親にとっても大変な状況が生み出されてしまいます。

 

上記の例でいえば、大抵の場合は化粧品が合わないことが子供のニキビ改善を妨げていることがほとんどです。

つまり、本来はスキンケアに使う化粧品を変更することが最大の近道なんですね。買ってしまったから最後まで使わないと、、、が子供ニキビを短期間で治す上では致命的になってしまうんです。

 

ニキビによるいじめに悩む子供にとっては時間は大切です。的確なスキンケア・治療薬を揃えた上で、プラスアルファで食習慣の改善やストレスを溜め込まない工夫なども行っていくことで磐石の治療体制を整えることが出来ます。

 - 子供のニキビ関連情報 , ,