子供のニキビを治してあげたい!親に手伝えることは?

子供のニキビケアのために(小学生・中学生・高校生)

*

受験のストレスでニキビが悪化!的確な対処方法で早く治す

   

受験のストレスでニキビ発生

受験の時期のストレスによるニキビ、、、どうしても増えてしまうという場合もあると思います。

秋頃から増えてきて新年を迎える頃には顔中に広がり、でも受験勉強で忙しいから真剣に対処していけるような精神状態でもないし、本当どうしたらサクッと治ってくれるのかという感じだと思います。

私も大学受験のストレスで顔全体に大量発生したニキビを治すために2年近く時間がかかってしまった苦い経験があります。

高校時代から色々なスキンケア化粧品を使っていたけど上手くいかずに、本当に長い間試行錯誤していました。(皮膚科にも長い期間通いました)

 

もちろん受験のストレスから解放されれば少しずつニキビは改善傾向に向かっていきますが、あまりにも症状が酷く出てしまった場合にはニキビ跡が残ってしまったり、治るまでに長い時間がかかってしまう可能性はあります。

肌に合った化粧品を見つけるまでに時間がかかってしまえば、それだけ治るのは後ろにずれ込むことになってしまいます。

それに新年度を迎えることで新たにストレスが増えることも考えられますよね。そうなるとストレスニキビによる悪循環です。

 

周りの中でほとんど自分だけがニキビまみれ、、、そんな状態で新年度を迎えると自信もなくなるし本当に辛いです。

 

だから、理想はなるべく早い段階で正しいニキビケアを始めていくことです。正しいニキビケアといっても、8割は自分に合った化粧品を見つけられるかにかかってきます

皮膚科の薬は種類が少なく差が出にくい一方で化粧品の種類は何百何千とありますよね。その選択が大きく結果を左右します。

あるいは生活改善も一つの手ですが、受験期間中は早く寝ろと言っても無理な場合もあるし、運動をしてストレス解消する気分にもならないという場合もありますよね。生活改善は春休みにすれば良いとして、まずは朝と夕のスキンケアで勝負していきましょう。

 

(親御さんは入浴剤でリラックスさせてあげたり、食事で1-2品だけでも野菜や果物を増やすなど子供のサポートをしてあげてください。)

 

ストレスニキビに負けない!化粧品の選び方

受験 ストレス ニキビ 治し方

高校受験のストレスでニキビが増えてしまった中学生なら脂性肌向けの思春期ニキビケアが合う確率が高いです。

成長期のホルモンの影響で皮脂過剰になったことと、ストレスによる男性ホルモンの増加による皮脂過剰のダブルパンチで毛穴詰まりが起きてニキビの原因となっているため、強力な洗顔料を使って皮脂汚れを落としてあげることが大切です。

有効成分としては角質柔軟成分のサリチル酸がおすすめです。

 

一方で大学受験のストレスでニキビが増えてしまった高校生は、少し化粧品選びも難しいかなと思います。

基本は中学生の場合と同じように思春期ニキビケアがおすすめとなるのですが、もう18歳にもなるとほとんど大人です。肌が乾燥してきていると感じている人も多いはずです。

乾燥した肌に強力な思春期ニキビケアは治らないどころか悪化の原因になりかねないのが厄介なところなんですね。

頬や顎などのフェイスラインの乾燥が酷い場合には、優しい洗顔料と強力な保湿ケアに重点が置かれた大人ニキビケアを使ってスキンケアを行っていくときっかけを掴めるかもしれません。

有効成分としてはグリチルリチン酸が定番中の定番です。優しく働きかけて炎症を鎮めてくれるのはグリチルリチン酸ならではです。

 

受験のストレスによるニキビは大変だと思いますが、限られた時間の中で効果的な治療を実現していくためにもスキンケアに使う化粧品選びはしっかりと行っていきましょう。

ストレスによるニキビ肌荒れに負けずに気持ち良く春を迎えたいですね!

 - 子供ニキビの治し方 , ,