子供のニキビを治してあげたい!親に手伝えることは?

子供のニキビケアのために(小学生・中学生・高校生)

*

子供に「ニキビなんて気の持ちよう」って言わないで!

      2017/01/27

ニキビ 気の持ちよう

子供がニキビに悩んでいて高いニキビケアが欲しいと言い出したり、皮膚科に連れていってと言い出した時に、

 

「ニキビなんて気の持ちようだって」

 

こんなセリフを言ってしまったことはありませんか?

もし言ってしまったことがある場合には、これからこのセリフはニキビに悩む子供には言わないであげてください。

 

「ニキビがあったって素敵な子は素敵じゃん」

これも当然ですがダメです。個人個人の問題なので、他人がどうかは子供当人にとっては全く関係ありません。

 

極論ですが、子供はニキビができたせいでせっかくの青春が台無しになったと心の中で思っています

どうして周りの友達の中で自分だけがこんなにニキビ顔がひどいのか、友達は何もしていないのに肌がキレイなのに。

口には出さなくても「恋愛への悪影響」を心のどこかで気にしていて、気持ち的にもかなり繊細になっています。

 

こんな風に悩んで真剣に治す方法を模索している子供に対して「ニキビなんて気の持ちよう」と言ってしまっても、喧嘩やちょっとした言い合いになるだけか、もう親には相談できないと感じて一人で抱え込んでしまうかもしれません。

ニキビは一人で考えて思い詰めれば詰めるほどストレス要因にもなり、ますます治りにくいという悪循環にも陥ってしまいます。

 

思春期の辛い悩みは性格形成にも大きな影響を及ぼしかねないので、どうか子供にとって相談しやすい親であることを忘れないようにしてくださいね。

どうしたら早く治す事が出来るのか一緒に調べてあげたり、化粧品を買ってあげたり皮膚科に連れていってあげたり、スキンケアのやり方が間違ってないか確認してあげたり、具体的な行動まで移せればさらにベターです。

 - ニキビに悩む子供にこんなセリフは言っちゃダメ! ,