子供のニキビを治してあげたい!親に手伝えることは?

子供のニキビケアのために(小学生・中学生・高校生)

*

子供がニキビに悩んでいたらニキビケアを買ってあげよう

      2017/01/10

子供のニキビを治すために親に出来ることの一つが経済的な負担です。

その最たる例が「ニキビケアを買ってあげること」です。

 

家庭によって事情があるとは思いますが、子供がニキビを治したいから化粧品が欲しいと言ってきた時には出来るだけ買ってあげてください。

 

子供の方がネットで情報を調べて金銭的な負担がなるべく少なくて済むように気を使っている場合もあります。(ハトムギ化粧水とか)

しかしニキビケアにおいては「貧すれば鈍する」というか、誤った化粧品を選んで症状がどんどん悪化していく最悪のパターンもよくあります。

 

肌との相性が大切なので「安かろう悪かろう」では必ずしもないのですが、ただ安くてボリュームがたくさんの化粧品を薬局やドラッグストアで買ってケアを続けていけば絶対に治るというわけでもありません。

何となくスキンケアを続けているけど全然ニキビが改善していかないというのは、慢性的なニキビ肌につながりやすく実はとても危険なんですよ。

 

子供の思春期ニキビはホルモンバランスの影響による皮脂過剰が原因で引き起こされます。

しっかりと毛穴汚れを落とせる洗浄力が強力な思春期ニキビケアを選んでいきましょう。(これは大前提です!)

乾燥肌の場合には違ってきますが、子供が乾燥肌の場合のニキビ化粧品選びは、また別の記事で紹介していきたいと思います。

 

ケア選びの知識的なフォローまで出来れば親としては最高ですよね♪いざという時に頼りになる親は子供に安心を与えられます。

子供のニキビの症状に合ったケアを選択して買ってあげて、一日でも早い改善へと結びつけていきましょう。

 - 子供のニキビを治すために親にできること ,